【判明!】2021年4月~のリミットレギュレーションが判明!VFD制限!マジテン禁止!?

スポンサーリンク
遊戯王BNニュース
遊戯王BNニュース
スポンサーリンク
8+
スポンサーリンク

2021年1月リミットレギュレーション環境のおさらい

【最新環境分布・1/7号】続く群雄割拠環境!&こんな時最適な手札誘発は?【優勝・入賞デッキ】
年末年始の大型非公認大会の結果をピックアップ! 今週の最新環境分布の時間です! 集計対象 集計期間:2020年12月28日~2021年1月4日開催 大型非公式大会(CS)7件 上位入賞者72名 今週号は年末年始ということもあり、...
【最新環境分布・1/17号】魔救(アダマシア)と竜輝巧(ドライトロン)、迫りくる展開の波!【優勝・入賞デッキ】
新環境序盤の優勝デッキ・環境情報を公開! 今週の最新環境分布の時間です! 集計対象 集計期間:2021年1月5日~年1月11日開催 大型非公式大会(CS)11件 上位入賞者103名 緊急事態宣言も再発令され、予定されたCSが各地...
【最新環境分布・2/3号】新環境到来!環境はドライトロンを中心に加速する!!【優勝・入賞デッキ】
2021年1月環境の優勝デッキ・環境情報を公開! 今週の最新環境分布の時間です! 集計対象 集計期間:2021年1月23日~年1月31日開催 大型非公式大会(CS)16件 上位入賞者169名 これまで週一更新をしていた遊戯王環境...
【最新環境分布・2/20号】十二獣の反撃!展開系デッキVS手札誘発デッキ!!【優勝・入賞デッキ】
2021年2月環境の優勝デッキ・環境情報を公開! 今週の最新環境分布の時間です! 集計対象 集計期間:2021年2月1日~2021年2月14日開催 大型非公式大会(CS)13件 上位入賞者154名 これまで週一更新をしていた遊戯...

 

スポンサーリンク

2021年4月~のリミットレギュレーション変更

今回のリミットレギュレーションでは禁止1枚、制限1枚、準制限3枚、解除6枚の計11枚という結果となりました!

比較的少ない変更内容ですが、中でも注目なのが規制カードの少なさ!
その数2枚!

ここまで規制の少ない改訂はいままで無かったんじゃないでしょうか・・・・!?!?
(改訂変更なし!ってのはありましたが)

それだけ2021年1月の今の環境が良環境であり、環境デッキも群雄割拠していてコナミ的に問題が少ないという見方なのでしょう。

それではリミットレギュレーションで変化のあったカードを1枚ずつ見ていきましょう!

スポンサーリンク

新禁止カード(1枚)

《マジックテンペスター》
シンクロ・効果モンスター 星6/闇属性/魔法使い族/攻2200/守1400
チューナー+チューナー以外の魔法使い族モンスター1体以上 このカードがシンクロ召喚に成功した時、 このカードに魔力カウンターを1つ置く。 1ターンに1度、自分の手札を任意の枚数墓地へ送る事で、 その枚数分だけ魔力カウンターを 自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターに置く。 また、フィールド上に存在する魔力カウンターを全て取り除く事で、 その個数×500ポイントダメージを相手ライフに与える。
禁止カードは1枚、《マジックテンペスター》です。
このカードは【未界域】デッキでのコンボにより注目されたカードですが、正直今の環境では大して暴れておらず、まだ前環境の方が【未界域】の大会シェアが多かったので何を今更・・」と感じている人は多いのではないでしょうか?
《マジックテンペスター》は未界域の展開により《神聖魔皇后セレーネ》と合わせて悪用されました。《神聖魔皇后セレーネ》の召喚成功時の効果である、墓地、場の魔法の枚数文魔力カウンターを乗せる効果によって爆発的に魔力カウンターを増やし、《マジックテンペスター》の効果で一気にライフを焼き切るいわゆる『先攻ワンキル』を可能となっていました。
なぜ【未界域】で使われたかと言うと、【未界域】の手札が切れにくく展開しながらデッキを掘り進める強みにより《チキンレース》や《貪欲な壺》等でデッキを回しながら墓地に魔法を貯め、盤面を増やすことが可能になります。
そして《神聖魔皇后セレーネ》のリンク召喚に必要な魔法使い族は《妖精伝姫-シラユキ》によって準備し、《ゾンビキャリア》や《デストルドー》を活用することで《マジックテンペスター》を召喚してワンキルする、そんなおぞましいコンボが高確率で成功出来ていたのが危険視されたわけです。
今期では【電脳堺】や【幻影騎士団】、【ドライトロン】等の強力な先攻盤面を作る展開デッキが多数存在するため、手札誘発を入れにくい【未界域】だとジャンケンに負けただけで敗北というプレイヤーとして非常につまらないゲームに発展しやすくシェアが減っているのだと分析します。
とは言え、強力なコンボには変わりないため、ワンキルのお供とも言えるバーンカードは今後のためにも残しておく理由が無い、と言うことで禁止となったのでしょう。

 

スポンサーリンク

制限カード(1枚)

規制カード

《真竜皇V.F.D》
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。このターン、以下の効果を適用する。この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

緩和カード

なし

新制限カードは《真竜皇V.F.D》1枚のみ!このカードは禁止カードとして予想していたプレイヤーも多かったと思いますが、今回は一旦制限カードにとどまりました。
規制の理由は言うまでもないですが【電脳堺】デッキの影響です。【電脳堺】は高レベルシンクロ召喚や高レベルエクシーズ召喚を簡単にこなせる程展開力が高く、テーマカードもレベル3と6という高いレベルであるためレベル9モンスターも簡単に成立させられます。よってこの《真竜皇V.F.D》とテーマ内の罠である《電脳堺門 ー朱雀》を成立させることが先攻の基本展開となり、これらを揃えられたら並大抵のデッキは太刀打ちが出来ない程強力なコンボとなっています。
展開系デッキのメタと言えば、《原始生命態ニビル》が強力ですが、このデッキの場合は《原始生命態ニビル》を仮に受けてしまったとしても《電脳堺悟-老々》を温存していれば、墓地のレベル3モンスターを吊り上げ、レベル9シンクロの《不夜城》によって再度《真竜皇V.F.D》を成立することが出来てしまいました。

つまり、展開系デッキに対して信頼度の高いはずの《原始生命態ニビル》が、【電脳堺】相手だと『電脳堺の手札が強ければ意味がない』カードとなってしまう点が、【電脳堺】の使う《真竜皇V.F.D》の恐ろしいだと言えます。また、《真竜皇V.F.D》が無制限状態だと上振れた展開の際に《真竜皇V.F.D》×2体の盤面も可能となり、後攻時のこれまた信頼度の高い誘発である《PSYフレームギアγ》に屈しない盤面となるため、まず返すことが出来ないわけです。

今回の改訂で《真竜皇V.F.D》が1枚になったことで、ダブルV.F.Dの心配がなくなったことと、何よりも《原始生命態ニビル》を決めることが出来れば《真竜皇V.F.D》の脅威から解放されることが環境において大きいでしょう。

今期では罠型のデッキでも《神の通告》等によって後攻1ターン目に《真竜皇V.F.D》による制圧を受けてしまったとしても罠で《真竜皇V.F.D》を処理するプランを取るデッキが見受けられました。
来期はより罠で捲りやすくなるため【電脳堺】に対して手札誘発を大量に投入しないと勝てない、なんてことはなくなり、対電脳堺のプランや対策が変わっていきそうで面白いですね。

《真竜皇V.F.D》に屈して環境進出できていなかったデッキも多いと思うので《真竜皇V.F.D》のハードルが下がったことでこれまで見なかったデッキタイプの環境進出にも期待が高まりますね。

 

スポンサーリンク

準制限カード(3枚)

規制カード

なし

緩和カード

《ファイアウォール・ドラゴン》
リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/サイバース族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、このカードの相互リンク先のモンスターの数まで、自分または相手の、フィールド・墓地のモンスターを対象として発動できる。そのモンスターを持ち主の手札に戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードのリンク先のモンスターが、戦闘で破壊された場合、または墓地へ送られた場合に発動できる。手札からサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。
《EMドクロバットジョーカー》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 100
【Pスケール:青8/赤8】
(1):自分は「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターしかP召喚できない。この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキから「EMドクロバット・ジョーカー」以外の「EM」モンスター、「魔術師」Pモンスター、「オッドアイズ」モンスターの内、いずれか1体を手札に加える。
《ユニオン格納庫》
フィールド魔法
「ユニオン格納庫」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから機械族・光属性のユニオンモンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに機械族・光属性のユニオンモンスターが召喚・特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに装備可能で、カード名が異なる機械族・光属性のユニオンモンスター1体をデッキから選び、そのモンスターに装備する。この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

新しく準制限カードとなったのは《ファイアウォール・ドラゴン》と《EMドクロバットジョーカー》《ユニオン格納庫》の3枚です。《ファイアウォール・ドラゴン》は前回の改訂でサイバース限定の展開効果とターン1の縛りが追加される形でエラッタされ、汎用性を失いました。これにより環境デッキで使用していたのも【コードトーカー】位しかなく、ターン1も付いたので安全だろうという判断から緩和されたのでしょう。次の改訂で3枚になることも十分ありえそうですね。

《EMドクロバットジョーカー》と《ユニオン格納庫》は【魔術師】と【ABC】デッキの強力なキーパーツですが、どちらのデッキもしばらく環境から消えていたため(魔術師はチラホラ入賞報告もありましたが)緩和されたのでしょう。【ABC】は緩和されたとしても現代遊戯王では《ABCドラゴンバスター》が成立したとしても対抗手段が多くなっているため、脅威となることは少なそうです。
一方で【魔術師】デッキに関しては《EMドクロバットジョーカー》の緩和によって安定感やパワープレイの確率が上がるため、ちょっと危険な気もしますが実験的なところもあるのでしょう。
スポンサーリンク

制限解除カード(6枚)

《オルターガイスト・メリュシーク》
効果モンスター
星1/水属性/魔法使い族/攻 500/守 300
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
(2):このカードが相手に戦闘ダメージを与えた時、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「オルターガイスト・メリュシーク」以外の「オルターガイスト」モンスター1体を手札に加える。
《氷結界の虎王ドゥローレン》
シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の自分フィールドの表側表示のカードを任意の数だけ対象として発動できる。その自分の表側表示のカードを持ち主の手札に戻す。このカードの攻撃力はターン終了時まで、この効果で手札に戻ったカードの数×500アップする。
《ジャンク・スピーダー》
シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する(同じレベルは1体まで)。この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。
《継承の印》
装備魔法
自分の墓地に同名モンスターカードが3枚存在する時に発動する事ができる。そのモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚し、このカードを装備する。このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。
《閃刀機関マルチロール》
永続魔法
(1):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を対象として発動できる。このターン、自分の魔法カードの発動に対して相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。さらに、対象のカードは墓地へ送られる。
(2):自分・相手のエンドフェイズに発動できる。このターン、このカードが表側表示で存在する間に自分が発動した
「閃刀」魔法カードの数まで自分の墓地の「閃刀」魔法カードを選び、自分フィールドにセットする(同名カードは1枚まで)。この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。
《闇の誘惑》
通常魔法
(1):自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

最後は制限解除カードです。《氷結界の虎王ドゥローレン》《ジャンク・スピーダー》《継承の印》はこれまでも緩和されてきましたが全く環境に影響を与えなかったため、3枚になったところで問題ないと判断されたのでしょう。

注目すべきは《オルターガイスト・メリュシーク》《閃刀機関マルチロール》《闇の誘惑》の緩和です。これらは【オルターガイスト】【閃刀姫】【サンダードラゴン】の強力なデッキパーツであり、これら3つのデッキと言えば10期の環境御三家とも言えるほど長く環境に居座り続けたデッキタイプです。しかしながら最近だと【サンダードラゴン】はまだ環境にいるものの【オルターガイスト】【閃刀姫】を見る機会はめっきり減ってきたように思います。
それもあって緩和されたのだと思いますが、今回の改訂で【電脳堺】がダメージを追う中で、これらのデッキが強化されるとなると、もしかしたらこれらがまた環境で暴れる状況になるかもしれません。【オルターガイスト】【閃刀姫】【サンダードラゴン】は環境に長く居座ったこともあり、プレイヤーの熟練度が高いデッキタイプです。新環境に適した画期的な構築やプランが早期に生まれる可能性が高いため、次の環境の【オルターガイスト】【閃刀姫】【サンダードラゴン】に期待したいですね。

スポンサーリンク

 

FavoriteLoadingお気に入りする

コメント

タイトルとURLをコピーしました