遊戯王『2020年新語流行語大賞』発表!

スポンサーリンク
遊戯王BNニュース
遊戯王BNニュース
スポンサーリンク
FavoriteLoadingお気に入りする

管理人
管理人

こんにちは!遊戯王ブログナビ管理人のしらこです。

クリスマスも終わり、今年も残すこと後わずかとなりました。今回の記事は2020年の遊戯王を振り返ろう!ということで2020年に遊戯王プレイヤーの間で流行したワードを紹介していきたいと思います。

この企画は以前Twitterで募集して皆さんに答えて頂いた『遊戯王流行語』を元に作成しています。たくさんの応募ありがとうございました。

 

皆さんが応募してくれた『流行語』の内、多くの人から挙げられていたものや、これは今年の流行語だろう!というものを遊戯王ブログナビ管理人が独断で10個選定しました!今年一年色々ありましたが、懐かしみながら読んで頂ければ幸いです!

 

それではさっそく「2020年遊戯王新語流行語」にノミネートした10ワードを発表します!デデン!

 

皆さんは10個の流行語の内、いくつ説明できますか?

僕自身みなさんに教えてもらって『あぁ~』と納得したものがあり、皆さんよく覚えているなと感心させられました。

前置きはこの辺にしておいて、1つずつ紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

新語流行語ノミネート『ドラグーン』

まずは、2020年の環境はこのカード無しでは語れない!《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》こと『ドラグーン』がノミネートです!

 

《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》は2019年12月21日発売の「LEGENDARY GOLD BOX」に収録された融合モンスターですが、その発売前から単体スペックの高さに多くのプレイヤーから注目されていました。

『対象を取らない破壊効果+バーン効果』『1ターンに1度何でも無効にして破壊』『対象、破壊耐性』という【ブラックマジシャン】と【真紅眼の黒竜】強化とは・・・・?
と誰もが突っ込みたくなるほど、強力効果テンコ盛りのカードデザインに多くの人が苦しめられたことでしょう。

そして何よりも《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》《真紅眼融合》のコンボにより、効果モンスター2体を並べればどんなデッキでも《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を出せてしまうという出張性の高さと、強さと釣り合わない召喚の簡便さから、多くの環境デッキが《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》と『アナコンダ+ドラグーン』ギミックを取り込み、発売後の1月には環境がドラグーンに塗り替えられてしまいました。

このカード一体出すだけでゲームエンドに持っていけると言っても過言ではないパワーから、【ドラグーンビート】と呼ばれる《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を出すためだけのデッキが作られたほどです・・・。

 

誰もが禁止カードになることを望んでいたカードでしたが、発売したばかりということもあり、2020年4月に制限カードで留まりました。これにより《真紅眼融合》マシマシで《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を成立させることに全振りした【ドラグーンビート】や【サブテラー】と組み合わせた【ドラグーンサブテラー】は死滅しましたが、『アナコンダ+ドラグーン』ギミックが機能したままだったため【オルフェゴール】や【アダマシア】のような展開デッキの終着点に活用され、環境で暴れ続けました。

結果、2020年7月に念願の禁止カードに指定され、2020年の『ドラグーン環境』は終わりを告げたわけですが、禁止となるまでの環境は誰もが《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》の存在を恐れながらプレイしており、このカードの強さは多くの遊戯王プレイヤーの記憶に刷り込まれ、今後も語り継がれることでしょう・・・・!!!

 

スポンサーリンク

新語流行語ノミネート『遊戯王投資家』

続いては『遊戯王投資家』がノミネート!

 

『遊戯王は株』と昔から言われ続けていましたが、今年はそれがより顕著に表れており20thシークレットレアやプリズマティックシークレットレア、初期の人気カードの高レアリティ版が軒並み高騰するという恐ろしい現象が起きました・・・!!!

その背景には『遊戯王は儲かる!』と煽る動画を上げるYoutuberの存在や、公式の高レアリティ商法の乱発、公式Twitterでの高額カードプレゼントキャンペーン等があります。挙句の果てに一般向けの週刊誌に『家にあった遊戯王カードが〇万円に!?』のような特集も組まれ、遊戯王プレイヤーという垣根を越えて一般人や転売ヤーに『遊戯王カードは儲かる』というイメージが広がってしまったと言えます。

結果として『No.Complete file piece of memories』のような限定コレクターズアイテムや人気カードの高レアリティカードが付属となる『PRISMATIC GOD BOX』が予約段階から購入が困難になってしまう事態となっており、純粋にカードが欲しい遊戯王プレイヤーとしては勘弁してほしい状況です・・!!

この『遊戯王投資家』とは、つまり『遊戯王を株として売買する人』のことであり、高レアリティカードに投資し値上がりによって利益を得ようとしている人のことですが、遊戯王の知識が無いにも関わらず参入し、爆死をする例なども見られています。また、この『遊戯王投資家』をカモにしようとメルカリ等のフリマアプリで高レアリティカードの偽物を流通させている人もおり、もはや地獄絵図と言わざるを得ないでしょう。

スポンサーリンク

 

新語流行語ノミネート『ラッシュデュエル』

続いては、これもまた2020年のビッグトピックである『ラッシュデュエル』がノミネート!

 

これに関しては遊戯王プレイヤーであれば語らずともご存じの方が殆どでしょうが、『ラッシュデュエル』2020年4月~スタートした遊戯王の新たな対戦フォーマットです。

アニメ『遊戯王SEVENS』と同時に商品展開がスタートし、主に小学生を始めとした若年層ユーザーに向けて作られた遊戯王です。スピードデュエルのように盤面に出せるモンスターが3体までなことに加え、毎ターン手札が5枚になるようドロー、召喚権が無限であるなど、派手さと分かりやすさを両立させたルールとなっています。

 

しかしながら、コロナウィルスの流行もあり公式大会やプロモーションが十分に行えていないように見受けられ、まだまだ発展途上という雰囲気が否めません。
ゲームを盛り上げるためにも大会は不可欠であり、1月からは限定カードが収録された大会プロモーションパックも配布されるようなので、ラッシュデュエルの今後に期待したいですね!

スポンサーリンク

新語流行語ノミネート『#DogmaBladeSimulator』

続いては『#DogmaBladeSimulator』がノミネート!

 

『DogmaBladeSimulator』とはとりで氏(@toride0313)が制作した【ドグマブレード】デッキの1人回しシミュレーションツールのことです。

 

【ドグマブレード】とは10年以上前に流行しキーパーツが規制されて、現在では使用不可能なデッキですが、自分のターンにソリティアにより墓地に魔法カードを貯めていき《マジカル・エクスプロージョン》によって相手ターンのドローフェイズにバーンダメージを与えキルするという実質先攻ワンキルを行う特殊なデッキです。

DogmaBlade Simulator

まさに壁とやってろ!!と言われる代表格のようなデッキなのですが、それを誰もが実際に壁とやれるツールなのです。やはりソリティアは楽しいですから、ハマりますよね。

 

当時使用していたプレイヤーを含め、ファンが多いデッキであるためこのシミュレーターが公開された際には多くのプレイヤーが遊び、Twitterのハッシュタグ『#DogmaBladeSimulator』によってワンキル結果を報告することが流行しました。

コロナが流行していた時期であり、大会がほとんど開催されず多くのプレイヤーが退屈していた時期ということもあり、ドグマブレードシミュレーターの虜になっていたプレイヤーも多かったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

新語流行語ノミネート『わくわくアーゼウス』

続いては『わくわくアーゼウス』がノミネート!

 

『わくわくアーゼウス』は《天霆號アーゼウス》と《わくわくメルフィーズ》の名前を合わせた造語です。

《天霆號アーゼウスと言えば今年発売し、エクシーズモンスターのパワーを底上げすることで環境に多大なる影響を与えたカードですが、この《天霆號アーゼウス》と同パックに収録された《わくわくメルフィーズ》と相性が良いことから話題になりました!

 

《天霆號アーゼウス》は最近だと《十二獣ワイルドボウ》とのコンボで使われることが多いように『直接攻撃効果』を有したエクシーズモンスターとの相性が良く、《わくわくメルフィーズ》も同様に直接攻撃効果を持っているため、『わくわくメルフィーズ+アーゼウス』のコンボで使うために作られたのか!?と話題になりました。

 

その際に『わくわくメルフィーズ』というワードが流行したのですが、実際のところコンボとしての有用性よりも、可愛らしいモチーフの【メルフィー】と凶悪な効果を持った《天霆號アーゼウス》のギャップの部分に注目され、『わくわくアーゼウス』という語感の良さも相まって流行したという感じですね!

スポンサーリンク

新語流行語ノミネート『遊戯王ニューロン』

続いては『遊戯王ニューロン』がノミネート!

 

『遊戯王ニューロン』は2020年6月29日にリリースされた遊戯王公式スマートフォン用アプリです。これまでも有志によって作られた同様の非公式アプリはありましたが、まさかの公式がこのようなサービスを開始したことに話題を呼びました。

 

非公式アプリが提供していたデッキ作成機能は勿論のこと、電卓機能およびライフポイントのログ機能、AIによるカードの画像判別機能など遊戯王プレイヤーの活動をサポートする革命的アプリです。リリース後多くのプレイヤーが『遊戯王ニューロン』の有用性を感じ活用しているように思います。

一方で既存の非公式アプリやサービスが『遊戯王ニューロン』の登場によって役目を終えサービス終了することになり、悲しみの声もありました。残念ではありますが、それだけ公式がユーザーの対戦環境の整備に力を入れ、ユーザーを意識したサービス展開を進めているということを前向きにとらえて行きたいですね。

今後も新たな公式サービスに注目したいところです!

スポンサーリンク

 

新語流行語ノミネート『DDクロウ』

続いては『DDクロウ』がノミネート!

 

なんで《D.D.クロウ》?と疑問に思っている人も多いかと思いますが、この理由は2020年4月からスタートした『マスタールール改訂』に伴うルールの変更にあります。
マスタールール改訂により、融合、シンクロ、エクシーズモンスター等のエクストラモンスターがメインゾーンにいきなり出せるようになったことは有名ですが、このルール改訂の際に細かくルールが整備され、この《D.D.クロウ》が注目を浴びることとなりました。

 

そのルール変更は『発動時に特定の場所で発動する効果は、発動前に別の場所に移動した場合、発動できない』というもの。
例を上げて言うと《星因士デネブ》の効果に

このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「星因士 デネブ」以外の「テラナイト」モンスター1体を手札に加える。

がありますが、《ハーピィの羽根箒》の発動に対してチェーンでセットしていた《リビングデッドの呼び声》を発動し《星因士デネブ》を特殊召喚した場合、《星因士デネブ》の特殊召喚は成功しているものの発動する前の一連の逆順チェーン処理の過程で

『リビデでデネブ蘇生➡羽根箒の処理でリビデが破壊(デネブも墓地へ)』

となり、従来はリビデで蘇生したデネブの効果を発動できていたチェーン処理後のタイミングでデネブは墓地にいるため、サーチ効果を発動できないというものです。

 

これと同様に《クリッター》の効果

このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから攻撃力1500以下のモンスター1体を手札に加える。

にも当てはまり、《クリッター》を《モンスターゲート》の発動コストにして墓地に送った際、チェーンで《D.D.クロウ》で《クリッター》をゲームから除外した場合に逆順チェーン処理で

『クロウでクリッターを除外➡モンスターゲートの効果処理➡(クリッターの発動タイミング)』

となりますが、発動タイミングでは《クリッター》は除外されており墓地にいないため《クリッター》の効果は発動できなくなりました。

 

このルール変更が発表された際、多くのプレイヤーが今までの遊戯王とカードの処理、プレイイング、カードの強さが変わってしまうことに驚愕し話題となりました。

また、この《クリッター》+《D.D.クロウ》の裁定に関しては解釈がややこしく、発表当時では間違った解釈をしているプレイヤーも多く見受けられました。

例えば《クリッター》の墓地効果の発動にチェーンして《D.D.クロウ》で除外すると《クリッター》の効果を無効化できるという『最強DDクロウ』ですね。当然、このルール変更は『発動前に除外した場合に発動できない』というもので『発動にチェーンしても無意味』なのですが、発表当初は誤解したプレイヤーも多かったようです。(実際分かりにくいです)

 

ガチプレイヤー、カジュアルプレイヤーの枠を超えて多くのプレイヤーに衝撃を与えた『DDクロウ』がノミネートです!

スポンサーリンク

 

新語流行語ノミネート『無断転載禁止』

続いては『無断転載禁止』がノミネート!

無断転載禁止は集英社が運営する情報サイト『遊戯王.jp』がきっかけで話題になったワードです。
遊戯王.jpでは最新カード情報を独占公開しており、サイトが更新されるたびに遊戯王プレイヤーの注目を浴びていましたが、それと同時に公開している新規カードに『無断転載禁止』という記載をしているにも関わらず、Twitter等のメディアで『無断転載禁止』の画像をそのまま転載されている事例が多発し、まさかの公式から『無断転載禁止』に関する記事が掲載されたことから話題となりました。

遊戯王.jpは新カードを公開するたびにアクセス集中によるサーバーダウンが頻発しており、肝心の記事が見れないというのことが日常茶飯事であったためTwitterの遊戯王.jpの記事では『見れない人用』と当たりまえのように転載がされていましたが、この声明によりさすがにまずいと感じたプレイヤーたちはその後画像のTwitterに転載することを控えるようになったことが印象的ですね。

スポンサーリンク

新語流行語ノミネート『〇〇ドラグマ』

続いては『〇〇ドラグマ』がノミネート!

 

【ドラグマ(教導)】は2020年4月に発売したパック『RISE OF THE DUELIST』で登場した新テーマですが、その出張性の高さと強さから多くのデッキがドラグマをタッグを組み環境に進出しました!

 

【ドラグマ】は『エクストラデッキメタ』のようなコンセプトのテーマであり、自分のエクストラデッキからの特殊召喚を行えなくなるデメリットこそあるものの、《教導の聖女エクレシア》や《天底の使徒》《ドラグマ・パニッシュメント》等の単体スペックが高いカードが豊富な優秀なテーマとなっています。
加えて自分のエクストラデッキを墓地に送る戦術によって《旧神ヌトス》、《エルシャドール・アプカローネ》、《虹光の宣告者》のようなエクストラデッキから墓地に送られて強力な効果を発揮するエクストラモンスターとのコンボが強力であり、融合や儀式等多くのデッキと組み合わせられる出張性能の高さが売りとなっています。

召喚獣+ドラグマの【召喚ドラグマ】、エルドリッチ+ドラグマの【ドラグマエルドリッチ】、シャドール+ドラグマの【ドラグマシャドール】は環境でも猛威を奮いました。

特に【召喚ドラグマ】は2020年後期の環境トップデッキであり、教導の大神祇官》の『相手のエクストラデッキ破壊』の効果を逆手に取ったメタカード《旧神ヌトス》《中生代化石騎士スカルナイト》が他のデッキに採用されるなど、環境への絶大な影響を与えました。

 

【ドラグマ】は今年出たばかりのテーマということで、遊戯王11期のメインテーマですから、まだまだ新規カードによって今後の強化が期待できます。2021年も目が離せないですね!

スポンサーリンク

 

新語流行語ノミネート『リモートデュエル』

そして最後は『リモートデュエル』がノミネート!

 

これは2020年の遊戯王で語らずにはいられないワードです!
コロナウィルスの流行でショップデュエルやWCS2020が中止になってしまい、対戦の場を失った遊戯王プレイヤーたちに対して公式が推奨した新しい対戦方式がこの『リモートデュエル』です。

遊戯王OCG デュエルモンスターズ
遊戯王OCG デュエルモンスターズ 公式サイト

遊戯王公式がリモートデュエルのやりかたを紹介する特設ページを公開したり、DISCORDにリモートデュエル公式サーバーを設立したり、自宅にいても遊戯王の対戦を楽しめる環境づくりが行われました。

また、月に一度『リモートデュエルトーナメント』というリモートデュエル専門の公式大会が開かれました。リモート大会は他のカードゲームでも開催されましたが、構造上、不正行為を予防することが難しい問題を抱えていましたが遊戯王においては賞品は参加賞のみで上位賞も無いため不正のリスクも少なく、純粋に対戦を楽しむ場として設けられているのが好印象ですね!

 

今では公式のランキングデュエルも再開され、公式、非公式共に大会が充実した環境を取り戻しましたが、リモートデュエルという対戦形式の普及には成功し今でも遊戯王リモートデュエルサーバーでは日々交流と対戦が行われています。

 

大会の有無に関わらず地域が違っても対戦が出来るリモートデュエルは2021も遊戯王プレイヤーの交流の場として活躍してくれそうですね!

スポンサーリンク

 

さいごに

以上、「2020年新語流行語大賞」ノミネートの10ワードの紹介でした!
今年も話題に欠かない遊戯王でしたが、来年はどのような盛り上がりを見せてくれるのか、楽しみですね!

それでは!

17+

コメント

タイトルとURLをコピーしました